アーリーリタイアするために必要なお金は1年間の出費*25だそうだ。

自分の2019年5月〜7月の3ヶ月間の平均を確認したら251,700.333円だった。
※4月以前の正確なデータが取れなかったため。
これを12倍したら、自分は1年間で3,020,404円の出費で生活していることになる。
これを25倍したら75,510,100円。。。

まぁつまり8千万円有れば仕事をリタイアして生活できるわけだ。
理論上は。

もちろんこれは自分の今の生活を一生続けた場合の話。
もうちょっといい暮らしをしたいです。

というわけで、計算し直し。
1ヶ月で40万使うと仮定する。
それが12倍で、1年で480万円。
それを25倍して120,000,000円。

なるほど、自分の目標貯金額は1億2千万円というわけですね。
なんか宝くじの賞金みたいな金額になった。

「一般人の生涯年収は2億円」という話を聞いたことがあるので2億必要かと思ったけど、そんなことはなさそうだ。
もちろん、大量に浪費すれば1億あろうが10億あろうが将来的に足りなくなるのはわかってます。

お金を貯めるのと同時に、資産を運用する手段をどうにかしなければ。
一般的(?)には投資信託とかで安全に増やしていくのがいいらしいけど、一応エンジニアの端くれなので自分でサービスを立ち上げたりして、技術的アセットから収入を得たい。

一番致命的な問題は未だビジョンが見えないこと。
まず普通に考えて1億2千万貯まる頃にはおじいちゃんになってる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です