【映画】センコロールコネクト

一番最初に言いたい感想は「主題歌が超絶カッコいい」という事ですね。
いや映画の感想って言ってるのにいきなり主題歌の話をするのもどうかと思うけど、でもそのくらい主題歌がカッコいいんですよ。

supercellですから。
supercell。
中学3年の私を受験そっちのけのボカロ好きにしたきっかけ。
あの頃はメルトの原曲とか歌ってみたとか合唱とかめっちゃ聞き込んでました。
そしてカラオケで歌おうとしてあまりの高音に絶望した。

まあま私の話は置いといて、主題歌は「#Love feat. Ann, gaku」。
これ”#”まで曲名なんですね。
YouTubeで自動でハッシュタグ扱いされるのでちょっとおしゃれな感じに表示されます。

ちなみにYoutubeで公開されてるので無料で聴けます。
たぶんそのうち消されると思うので、今の内に聴きましょう。
そして音源を買ってくれ!笑

一回聞けばわかるんですが、めっちゃ雰囲気良いんですよ。
スタイリッシュな感じで。
ガッとテンション上げてく感じではないんですけど、一回聞いたら耳に残ると思う。
特にサビに入ったところの「love、心つないで〜」の部分が良いんですね。
正直そこだけヘビーループできる笑
アカペラで歌ったら楽しいんだろうなー。

さて、主題歌の話はここまでにします!

映画本編ですが、個人的な見どころはやっぱキャラクターの雰囲気がいいんですよね。
ここで言うキャラクターは人間だけじゃなくて「白い巨大生物」もです。
「白い巨大生物」と呼びましたが、彼ら(?)に名前は基本ありません。
固有名詞で呼ばれるのは確か主人公たちの相棒「センコ」だけです。

……センコだけだと思います。
私の貧弱な脳みそが忘れていなければ。

彼らは全く喋りませんが、それでもなお個性的なんですね。
言葉ではなく行動で個性を示すとか私も見習いたいわぁ。

私が一番好きなのは宇宙にいる超巨大なやつ。
主人公チームを見つけるために空から召喚されたときはやばかった。
そのシーンはCMでもちょっとだけ見た覚えがあるのですが、映画では迫力が全く違う。

2番めに好きなのが主人公チームと一緒にいるセンコですね。
ブサカワと言うやつですね。
ブルドッグが好きならわかってくれるはず。

人間ですが、みんなとにかく静かなのが印象に残っていますね。
ただし、主人公チームの女の子「ユキ」を除いて。
あ、ちなみにユキはCVを花澤さんが演じています。
花澤さんですよ、一時代を築いたと言ってもいい花澤さん!
私が声だけで判別できる数少ない声優さん!
何年か前にネットで見た「ムッツリスケベなアニメの女性キャラランキング」で、TOP10に花澤さんが声を当てているキャラが3人も載ってたのは今でもよく覚えてます!笑

出てくる人間はみんな自分のやるべきことを淡々とこなすタイプで、たまに熱くなったりする時以外は叫んだりとか全くしないんですね。
常に冷静。
まさに仕事人。
仕事をしてる人は二人しか出てこないけど。

ネットで「2作目遅かったじゃないか、中2病を卒業してしまうところだった」という感想を見たのですが、言い得て妙だと思います。
中学生の頃の私もあんなタイプに憧れてた。
決して目立たないけどやるべき事をさらっとこなして行く感じに。
出てくる人の殆どがそんな感じだから映画全体にもどこかシニカルな雰囲気が漂っていて、それが多くの人に支持される理由になったんでしょうね。

この映画はほとんど一人で作成されたようですが、アクションにも全く手抜きがなかったです。
エフェクトで派手にしてごまかすことはなく、手書きアニメーション独特の良さがありました。
「独特って何よ」って思うかもしれませんが、アレです。
物理現象をちょっと大げさに各感じの、TRIGGERやボンズがよくやる感じのアレです。
それとわかるようなオーバー感は抑えられていたのですが、白い巨大生物が建物や地面を壊すところとか、後はセンコが変身するところなんかはそれっぽい良さがありました。
何を言っているのかちょっとわからないかもしれませんが、とりあえずわかってほしいのはこれです。

ほぼ個人で作成したからといって絵に手抜きはない

ということですね。
むしろ見どころの一つと化してる。
白い巨大生物にビームうつやつがいるんですけど、そいつがビーム打つところが好き。
ちょっと質量を伴った感じのビーム(?)をバンバンぶっ放すのが良かったんですね。

ちなみに、「センコロール」がタイトルで「コネクト」はたぶん副題なんですね。
そして公式サイトによると正式名称が「センコロール2」。
そう、これ2作目なんですね。
第1作目の「センコロール」が公表されたのが10年前なので、実に10年ぶりの続編ということになるわけです。

初めこれを知ったときは「いや10年スパンとか長すぎるでしょう」ってなりましたわ。
ハリウッド巨編ですらそんな待たないわ。
しかも最後は明らか続編を意識した終わり方だったのでまだ続きがありますね。
今度見るのは2029年ですね。
2009年の時は自分が今こうなっていることは全く想像できませんでした。
2029年とかどうなっているんでしょうかね?

最後に感想じゃないことで申し訳無いのだけど言わせてください。
入力変換で地味に苦労した。
「戦後ロールコネクト」ってなんや。
社会派ドラマか笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です